データ作成時の注意

PDF作成方法

PDFとは?

PDFは、Portable Document Format(ポータブルドキュメントフォーマット)の略です。
 現在、パソコンが多く普及していますが、様々な機種・OSのパソコンが存在し、すべてのパソコンに同じアプリケーションがあるとは限りません。
 そこで、機種・OS・アプリケーションの枠組みを越えて、統一したファイルにしようとしたのが、PDFです。ファイルをPDF化(フォントは埋め込み又はアウトライン化を行う)することで、どこでも同じように表示できるようになります。

,泙此Acrobatをインストールして下さい。
 Windowsの場合、インストールするとプリンタフォルダに「Adobe PDF」が作成されます。

プリンタのウィンドウ画面

▲廛螢鵐燭痢Adobe PDF」を選択し、右クリックして「プロパティ」を押します。

「デバイスの設定」を選択し、「アウトラインとしてダウンロードする下限フォントサイズ」と「アウトラインとしてダウンロードする上限フォントサイズ」を1ピクセルにします。

ぁ屮侫ント代替表」を展開し、「MSゴシック」と「MS明朝」を「Don't Substitute」にします。

Adobe PDFのプロパティ画面

以上でプリンタでの設定は完了です。

PSファイルをそのまま「Acrobat Distiller」に入れてpdfを作成する場合

Adobe PDF設定のデフォルト設定の項目を「Press Quality」にします。
「Acrobat Distiller」の設定はこれだけでOKです。
PSファイルを「Acrobat Distiller」に入れてPDFが作成されます。

Acrobat Distillerの設定画面

Acrobat Distillerの設定画面

※ここでエラーが発生する場合、psからやり直してください。

PDFファイルを作成したらチェック!

PDFファイルのチェックで重要なものはフォントと画像です。
●フォント…すべてのフォントが埋め込み又はアウトライン化されているか。
※「フォントチェック」はAcrobatの[ファイル]→[文書プロパティ]→[フォント]を選択すると[フォント情報ダイアログ]が表示されます。
●画像…画像解像度が300〜350dpiになっているか。

※フォントの埋め込み又はアウトライン化がされていないと、当社にお客様使用のフォントが無い場合、違う書体に置き換えられてしまいます。
※画像解像度が低い場合、粗くなりますので必ず300〜350dpiで作成してください。

アプリケーションからPDFに書き出しする場合

ヽ謄▲廛螢院璽轡腑鵑妊廛螢鵐函碧瑤楼刷)でプリンタ名を「Adobe PDF」にします。

印刷の画面

▲廛蹈僖謄を選択し、Adobe PDF設定のデフォルト設定の項目を「Press Quality」にし、「フォントを送信しない」のチェックをはずします。

プロパティの画面

「レイアウト」の「詳細設定」をクリックして「true typeフォント」を「ソフトフォントとしてダウンロード」にします。

ぁPostscriptオプション」を展開し、「Postscript出力オプション」は「エラーが軽減するよう最適化」、「Truetypeフォントダウンロード」は「自動」、「PostScriptエラーバンドラを送信」は「いいえ」にします。

詳細設定の画面

ィ錬砲魏,靴凸瓩蠅泙后

Π刷を押してPDFを作成します。

商品ラインナップ

データ作成時の注意

ポイントサービス

新規会員登録

資料請求


ページトップへ